七五三祝いの食事会をする際の失敗しない場所選び

家族だけでお祝いする場合

子供の成長をお祝いする行事のひとつ七五三。七五三のお祝いの時には家族そろってお祝いの食事をするという家庭も多いでしょう。家族だけでお祝いする場合には、家で食べる食事にひと手間加え、パーティーのようにすることで良いといえます。また外食にするのであれば、ファミリーレストランや高級レストラン、回転寿司など、好きな場所を選ぶとよいでしょう。外食をしなくても、主役はこどもであり、家族でのお祝いなので、子供が喜ぶ特別感をだしてあげるとよいでしょう。

家族以外にお祝いに来てくれた人がいる場合

七五三のお祝いに祖父母や親類などがかけつけてくれることもあるでしょう。この場合は家族だけでの食事とは異なり、きちんとした食事会の場を用意する必要があります。家族以外にお祝いに来てくれた人がいる場合には、個室のないファミリーレストランは控えた方がよいといえます。お祝いの品やお金を用意してくれることが多いので、そのお返しの意味も込め、一般的にはホテルの個室のあるレストランや和食屋を予約しておくのがよいでしょう。費用は一人3千円から7千円ほどが相場となっています。

食事会後にお返しは用意するべきか

家族以外の人がお祝いに来てくれた場合には、食事会の後にお返しの品を渡した方が良いのか気になるところでもあります。必要ないと思う人もいますが、年配の人の中には、しきたりを大切にする人も多くいます。最後に後味の悪い終わり方になることは、子供にとってもかわいそうなことになるので、事前にきちんと確認したうえで用意しておいたほうがよいでしょう。お返しの品としては、お赤飯と紅白饅頭を用意することが一般的ですが、親族でない場合には、ちょっとしたギフトを用意するのもよいでしょう。

七五三のレストランを選ぶ際は、七五三をお祝いする神社の立地を考えて、お店選びをする必要があります。お祝いに相応しい雰囲気の店を選ぶのが一般的です。