身につける前に知っておこう!結婚指輪をきれいに保つ方法

一生身につける大切な指輪

結婚指輪は、夫婦であるという証でもありますね。女性なら左手の薬指に光る結婚指輪に憧れますよね。基本的に、結婚指輪を受け取ったら肌身離さず一生身につけるものです。男性は仕事の都合で外さないといけない人が多いですが、女性だと結婚している人はほとんどの人がつけています。結婚指輪を正しくお手入れすることでキレイな状態を保つことが出来ます。せっかく貰った結婚指輪新品の姿で長く身につけるにはお手入れがカギですよ!

指輪の素材選びが大事!

毎日身につけていればキズは防ぎようがありません。ただ、素材によってはキズが付きにくい、目立ちにくいものがあります。結婚指輪で人気のある素材はプラチナやゴールドはその性質を持っています。純度のものは、キズがつきやすいですが強度を出すために他の素材と合金してあるのでキズがつきにくく、変色もしないのが特徴です。どうしてもこの素材じゃなきゃだめ!ということがないならプラチナやゴールドを選ぶことをおすすめします。値段もさほど高くないのも人気のある理由ですね。

キズがつかないように気を付けよう

何気ない行動で指輪に負担をかけさせ劣化に繋がることがあります。気を付けることで指輪にキズがつきにくくなります。家事をしていると物を持ったり、鍋や食器が指輪に当たるということが日常茶飯事です。固いものや、金属のものが当たると細かいキズが指輪につきやすくなります。女性には欠かせないお肌のお手入れ。スキンケアにも指輪にダメージを与える原因です。スキンケアに含まれる油分が、指輪の輝きを曇らせてしまいます。温泉も注意が必要ですよ。プラチナやゴールドはまれに割り金に反応して変色することもあるんです。危険だな、心配だなと思ったらその時は指輪を外すのも長持ちさせる方法ですね!

結婚指輪は、結婚する男女が永遠に愛しあう証として贈りあいます。プラチナやゴールドなどの素材が多く、左手の薬指にはめます。