七五三を迎えました!しっかりとお祝いをしましょう

七五三とはどのようなお祝いなのでしょう

七五三とは七歳、五歳、三歳になった子どもの成長を祝う日本の年中行事です。11月15日が七五三の日として知られていますが、今は両親の都合や天気などにより、11月の土日のどこかで行われることが多いです。着物や晴れ着を着て、子どもの成長を祝い、神社や寺に参拝します。七五三は江戸幕府の5代将軍である徳川綱吉が自分の長男の健康を祝ったのが始まりと言われています。それぞれの年齢に達した子どもが行う儀式をお祝いするものとして伝えられてきました。

七五三は何をお祝いするものだったのでしょう

七五三はそれぞれの年齢に達した子どもの行う儀式をお祝いするという意味合いがありました。三歳は「髪置きの儀」として主に女の子が行いました。3歳までは髪を剃る習慣がありましたが、それの終了を祝います。5歳は「袴儀」と言い、男の子が行いました。袴を着用し始める年齢を祝います。7歳は「帯解きの儀」と言い、女の子が行いました。大人と同じような幅の広い帯を着け始めるのを祝います。それぞれの年齢の祝う意味合いは今では薄れてきました。しかし、その年齢に達した子ども成長を祝う気持ちは同じです。

七五三でもらえるものとは

七五三のお祝いで神社や寺に参拝するともらえるものが「千歳飴」です。縁起の良い赤と白の長い飴が素敵に彩色された袋に入っています。千歳飴は江戸時代に浅草で飴売りをしていた七兵衛が売り出したのが始まりとされています。親が子どもの長寿を願い、細くて長い飴となっています。袋にはツルやカメ、松や竹などの縁起の良い絵が描かれています。千歳飴の製法は地方によって異なりますが、だいたいが飴と砂糖を原料としており、子どもが好む味となっています。

七五三は子供が7歳、5歳、3歳を迎えた成長のお祝いであり、神社などで子供の健康と成長を願う行事となっています。