ペット保険はどんなものを選べばいいの?!

ペットを飼うならペット保険に入りましょう。

ペットを飼いたい人、飼っている人なら、必ずペット保険に入るようにしましょう。「ペットは保険が利かないから病院に支払う金額が大変!」というのは、もう過去の話です。最近は様々な保険会社がペット保険商品を出しています。家族の中の一員であるペットが、病気や怪我をしてしまった時に困らないように、しっかりと準備をしておくことが大切ですね。しかし保険会社のペット保険は補償内容や掛け金なども様々です。自分の飼っているペットに合うものを見つけるようにしましょう。

ペット別に合った保険を選びましょう。

ペット保険は掛け捨てタイプになっています。また、保険の基本ですが、月々の保険料が高くなれば高い分だけ、補償が手厚くなるようにできています。なので、保険料が安いからと安易に加入してしまうと、いざというときに補償額が低く、自己負担金が多くかかってしまうということもありえます。例えば、犬の場合犬種によって「かかりやすい病気」があります。その病気にかかる費用を保険で負担できるかどうか、などをチェックするといいですね。

補償されないケースを調べておく。

ペット保険によっては、補償対象外になる病気や怪我があります。保険会社によってその規定は様々なので、しっかりと把握するようにしましょう。また、ペット保険に入る前に見つかった重い病気、病歴などがある場合は、保険に加入できない場合もあります。その他にも、ペットが高齢だった場合、病歴がなくても補償されないケースもあります。そのような場合はペット保険に加入するメリットがないので、自分で積み立てると良いでしょう。自分のペットにあったプランを見つけて加入することが大切ですね。

ペットを飼っている人なら動物病院で支払う医療費が人間のように公的な保険でカバーされていないことは知っているでしょう。しかし民間の保険会社ではペット保険がいろいろあり、加入しておくと保険がおります。